絶対やるべきゲーム~これだけはやっておけ!~

ゲーム好きならこれだけはやっておけ!という評価の高いゲームや実際にプレイしたゲームのレビューも含めてご紹介していきます。

超豪華声優、人気イラストレーターが手掛けるオンラインゲーム★登録無料★

新着ニュース(外部サイト)
注目ゲームランキング Best5

先日PS3のアップデートをした人に不具合がでていたようですが、そのパッチが6月27日に公開される模様。

お知らせ(2013年6月21日更新)


「プレイステーション 3」のシステムソフトウェア バージョン4.45へのアップデートを実施された一部のユーザーの方から、アップデート後にXMB(クロスメディアバー)が表示されないという報告を受けておりますが、本現象を解決する新たなシステムソフトウェアアップデートを6月27日(木)に公開いたします。

ユーザーの皆様におかれましては、ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 


ソース:http://www.jp.playstation.com/ps3/update/index.html?hfclick=HDR_SB_ps3updt


> 本現象を解決する新たなシステムソフトウェアアップデートを6月27日(木)に公開いたします


お知らせ更新日が6月21日。パッチ公開は6月27日。


遅すぎじゃないですかねぇ・・・


今回の症状は、PS3起動後に表示されるメニュー画面、XMB(クロスメディアバー)が表示されないというもの。

ウィンドウズでいえば、起動後のロゴが表示された後フリーズしている状態。


=起動しても何もできない


6日間も何もできないとかキツイですソニーさん。


エロゲーのパッチでも対応もっと早いよ!


iphone等もそうですが、アップデートは様子見してからがベストですね(教訓)

bn-feature-23

>6月は美少女たちが活躍する新タイトルから目が離せない!

>今回は、『エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~』と『神次元アイドル ネプテューヌPP』を

>ピックアップ♪ 正統派ファンタジーRPGとアイドル育成アドベンチャーという、まったく別のジャンルで

>大奮闘する美少女たちを、あわせて動画でチェックしよう!


ソースhttp://www.jp.playstation.com/playmovies/index.html



この方向性、ギャルゲー好きな私は嬉しいですが、ゲーム好きな私としては悲しいような。


例えるなら・・・


普通の少年漫画女子人気に!

アニメ

女子受けを狙ったアニメに!!

女子「(*゚∀゚)=3 ハァハァ


普通ファン「」



といった具合で、狙ってやられるとコレジャナイ感をもの凄く感じる


現状、PSP=ギャルゲー専用機、PS3=ギャルゲー侵略中、PSV=ギャルゲー侵略中という印象なんだけど、公式がノリノリでバナー作成している所を見ると、PS3もPSVもギャルゲーハードと化すのでしょうか。


一ジャンルとしてある分にはいいけど、制圧されて他のジャンルのゲームがでなくなれば末期ですね。



やはり利益を考えると、萌えオタク>>>一般ユーザーといった戦略の方がよいのでしょうか・・・


神次元アイドル ネプテューヌPP (限定版) (葉生田先生描き下ろし漫画、シチュエーションCD、特製携帯スタンド(クリーナー付) 同梱)
神次元アイドル ネプテューヌPP (通常版)
エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ プレミアムボックス(初回特典(PlayStation2アーカイブス 「マナケミア2 ~おちた学園と錬金術士たち~」 ダウンロードコード)同梱)
エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ (通常版)(初回特典(PlayStation2アーカイブス 「マナケミア2 ~おちた学園と錬金術士たち~」 ダウンロードコード)同梱)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 ハッピーエンド HDコンプ! BOX

61DYCAKYPSL

今回は1999年10月14日に発売されたPlaystationゲームデュープリズム」のご紹介です

本作当時躍進中のスクウェアスクウェアエニックスから発売された割りには意外に知られていない感が凄いゲームです

ファンも多くレビューでは名作ゲーとしてよく扱われているのですがそれにしても知名度が低い


その手のゲームは一部信者が持ち上げてるだけwww」捉えられている可能性も高いですね。でも、そんな事はないよ!


■2人の主人公、2つのストーリー

dew1dew2

本作の魅力の一つに主人公プレイヤーキャラ二人というのがあげられると思います

画像左の夢はでっかく世界征服っ!」といっているのがミント

画像右の真面目正義感溢れてそうなのが


どちらの主人公にもしっかりとストーリー作られておりミント編はコミカルなコメディ路線、ルウ編はシリアスで真面目なRPG路線と、本作1つで二度楽しめる仕様なっています。

その代わり、残念事に慣れてくるとすぐにクリアできてしまうボリュームです。気軽にプレイできるといえばいえるのですが


■PSの限界に挑戦!美麗な画面&アクション

dew4dew3

限界に挑戦!までは大げさすぎるかもしれませんが、当時のアクションゲームの中ではかなり綺麗なポリゴンで描かれています。PS3のゲームに慣れてしまうと残念グラフィックかもしれませんが、本作の雰囲気には十分に合っています。

アクション要素などは前年に発売されているブレイブフェンサー武蔵伝を進化させた印象です。

3Dマップを存分に生かしたアクションは本当に面白くよくできています。


とはいえ、粗めの3Dポリゴンなので、画面酔いしやすい人は注意が必要かもしれません。


■総評

アクションゲームとして難易度は頭を使う場面もあり、難易度ぐらい

世界観ストーリーキャラクターシステムグラフィック○、音楽○


良くも悪くも「パッケージを見て気になったら買い」の雰囲気ゲームというのがピッタリかもしれません。


ゲームとしては良くできてて私の中では名作です。




 

このページのトップヘ

当ブログについて

このブログは左骨が運営するゲーム感想・紹介を主としたブログです。 リンクフリー、相互リンクも募集していますのでお気軽にお問い合わせください。

お気に入りに追加する


by サーパラショッピング