絶対やるべきゲーム~これだけはやっておけ!~

ゲーム好きならこれだけはやっておけ!という評価の高いゲームや実際にプレイしたゲームのレビューも含めてご紹介していきます。

超豪華声優、人気イラストレーターが手掛けるオンラインゲーム★登録無料★

新着ニュース(外部サイト)
注目ゲームランキング Best5

「このサイトについて」にも記載してありますが、12年以上前にゲーム攻略大全ってWEBサイトを運営していました。各種ゲームの攻略サイト・・・という内容でしたが、どちらかというと掲示板やその他コンテンツに人が集まっていた気がします。


当時、私は中学3年生という受験真っ只中でしたが、新しいゲームが発売されると夢中で攻略記事を載せていました。問題なく高校受験も受かったのですが、進学後はゲームへの熱中度も薄れ、掲示板の記事の削除に追われる毎日が嫌になり、サーバーから削除しました。


そして5年後、2006年に現在稼働中のWEBサイト「ブラウニーの館」を立ち上げてまったりとしたサイト運営をしていました。が、こちらも掲示板やらの管理が苦痛になり、最終的にログだけ残して撤去。ほぼデータのみのサイトになってしまいました。

当時の掲示板とかってCGIがメインで、アクセス規制等の対策が弱かったのもあるのかな。


最近のWEBは個人の掲示板というコンテンツはあまり利用されなくなり、ブログやWikiがメインになっていますね。

また2chのような大型掲示板に代表されるように、HNすらつけない匿名(いわゆる名無し)での投稿が増えたというのも印象深いです。


運営する側としては掲示板の管理とかって大変でしたが、今思うと多数の人が自分というものを出しつつ、積極的に他人と交流する場所って素晴らしいですね。

私も2chはよく利用しますし楽しいですが、ちょっと昔と違うなって書き込む度に思います。まぁ、あの殺伐とした感じが好きだし、今の時代には合っているとも思いますが。

(私はよく野球実況版に出没しますw)


それと利用者のWEBへの適応度が昔と違って段違いのような気もします。

最近はインターネットは常時接続が当たり前で、小学生の頃からWEB利用は当たり前。更に言えば、小学生でも2chは当たり前レベル。

私の会社の社長には娘がいるのですが、現在小学4年生。なんとipadを使いこなしています・・・。


上記のようにとにかく適応が早いせいか、一時期はやった荒らし的な事をする人も減ったなぁと感じます。

小さいころから触れているせいか、ネット上のマナーみたいなものが自然に身に付くのですかね。凄いことです。



話は変わりますが、最初に書いた通り中学生の時に運営していたと書きましたが、これって今の私からすると凄すぎて涙がでます。

HTMLやCSSの進歩もあり、WEBデザイン等においては今の方が優れていると思いますが、あのデータ量をひたすらテキストエディタで打っていた自分・・・どんだけ夢中だったのかとツッコミすら入れたくなります。

本当に子どもの頃の行動力って恐ろしい!今の私ならデータ打つのとか仕事にしか感じません・・・。


最近、仕事もかなりこなれてきて余裕があるので、色々なサイトを見たりしていたら懐かしくなり今回書いてみました。あと、私のサイト名で検索すると、キングダムハーツ攻略大全を知っていますか?というファンサイトがある事にとても嬉しく、感動しました。


当時私のサイトに来てくれていた人たちは元気にしてるのかなぁ・・・





今回は1997年に発売されたFF(FINAL FANTASY)シリーズの中でも名作 FINAL FANTASY  TACTICSのご紹介です。

fft
スクウェア(現スクウェア・エニックス)のFFシリーズの中でも一風変わったFFとして有名です。

ジャンルはシュミレーションRPG。ファイアーエムブレムやディスガイアのような戦闘システムですね。


私は本作が大好きであり、このゲームからSRPGというジャンルが好きになりました。
もし
最初にファイアーエムブレムシリーズをやっていたら、難易度の高さに挫折してこの手のゲームをプレイする事はなかったかも・・・と大袈裟ではなく思ってしまいます。
それぐらい完成度が高く、かつ初心者~上級者まで幅広く対応したゲームです。


以下にお勧めと思えるポイントを書いていきます。

・初心者~上級者まで満足できるバランス


この手のゲームにしては、難易度は中ぐらいです。
戦略性、仲間キャラ・敵キャラのステータスのバランス、ジョブのバランスなど、適度な難易度で作られていると私は思います。普通に進めた場合、初心者ならつまづくマップもかなりあると思います。

じゃあなぜ、初心者でもお勧めなのか?というと、

ランダムエンカウントがあるので「クリアできなきゃレベル上げろ」というRPGの基本システムも用いているからです。
このシステムのおかけで、
レベルを上げれば力押しでクリア可能!その中で「コツ」を少しずつ掴み上達すれば、以前よりも低レベルでクリアできるでしょう。

一部ゲームバランスを崩す程強いキャラクターいますので、クリアできなければそれを使うも良し


逆に上級者にもお勧めできる点としては「縛りプレイ」が可能やりやすいから
「○○は使用しない」「レベルは最低限の経験値」などの目標が自分で立てやすい所。
これらを目標にプレイしている人も多々います。

・ストーリー・世界観・音楽がマッチしている


この点に関しては、公式サイトPSPの雰囲気がわかりやすい。まずこの雰囲気が駄目なら面白くはないかもしれません。

でも少しでも面白そう感じたならば本作魅力に引き込まれるでしょう特に音楽はサントラいたくなるレベル素晴らしさBG関して言えば今までやったゲーム中でも~3います。


fft1fft2

・キャラクターの魅力


本作ではキャラクターの見せ場という見せ場主人公一部以外それほどありません。

イベントや会話量も全体的に少なくキャラの掘り下げ本当に少ないですPSPでは多少増えている

ですが1つ1つのイベントが印象的で一度しか登場しないキャラクターでも印象深く残ります

そのせいか今でも根強いファンがたくさんいます。


fft3fft4
(※画像はPSP版の追加イベント画像)


逆に悪い点もそれなりにあるんですが、自分で調整可能なのであまり私は気になりませんでした。

(一部のキャラが強すぎる、バグ技など)


ダウンロード版、PSP版、iphone版もあるので、ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか!



 

今回は、先日記事を書いたWHITE ALBUM2の前作「WHITE ALBUM -綴られる冬の想い出- 」をご紹介します。このゲームは元々Leafから1998年にPCゲームとして発売されたもの。発売から12年経過した2010年、ついにPS3でリメイクされた作品です。2009年には販促も兼ねてかアニメ化もされています。

8tnu0100000lgvp6


リメイクに辺り、PS3版ではキャラクターに声がつき、新キャラクター「如月小夜子」が追加されました。

本作品の魅力は、「浮気」をテーマにした作品なだけあり、主人公を中心にして人間関係がどろどろしている所ですね。そのテーマのせいか好き嫌いが相当分かれているかと思います。
 またPC版が発売されたのが1998年なので、今プレイすると時代背景の違いに違和感を覚えるかもしれません(携帯電話がないなど)

キャラクターデザインは、PC版・PS3版共にカワタヒサシさん。私はこの人の絵のファンでもあります。
ただ、12年の年月のせいか大幅に技術が向上しており、本当に同じ人の作品なのかと疑問も覚えます。特徴などはしっかり残っているので、見る人が見ればすぐに分かるレベルではありますが。

無題
左がPC版・右がPS3版

 システムは至って普通のノベルゲームです。テキストを読みながら選択肢を選んで進めて行くタイプ(PC版とは若干変更されています)
 そして、PS3でリメイクして大幅に変わった事があります。それはアクアプラスが本作より導入したモーションポートレートシステム。キャラクターのセリフ等に合わせてアニメーションします。これが思いのほか良くできており、初見時は感動ものです。リアルな絵とかじゃないのに生きているような錯覚に陥ります。残念な事に一部は動きがぎこちない、というより気持ち悪い動きをしてしまうのが難点でしょうか・・・。

sys_mp


 そして、もう一つ注目は「声がついた」ということ。それも豪華声優。アニメ版に同じくして、森川由綺役に平野綾さん、緒方 理奈役に水樹奈々さん。他のキャラクターもかなり豪華(戸松遥さん、朴璐美さんなど)です。声優の為だけに本作を買ったという人も多数いると思われます。演技も申し分なく、本作の売りの「歌」「アイドル」という点にもマッチした人選でした。

ストーリーに関しては前述したように好き嫌い分かる本作ですが、各キャラクター個別のストーリーもしっかり作られているので、まずはプレイしてみる事をお勧めします。
 ただ
ToHeartのようなほんわかした恋愛ゲーム好きにはやっぱり苦手かも・・・
 
 

このページのトップヘ

当ブログについて

このブログは左骨が運営するゲーム感想・紹介を主としたブログです。 リンクフリー、相互リンクも募集していますのでお気軽にお問い合わせください。

お気に入りに追加する


by サーパラショッピング