今回は、先日記事を書いたWHITE ALBUM2の前作「WHITE ALBUM -綴られる冬の想い出- 」をご紹介します。このゲームは元々Leafから1998年にPCゲームとして発売されたもの。発売から12年経過した2010年、ついにPS3でリメイクされた作品です。2009年には販促も兼ねてかアニメ化もされています。

8tnu0100000lgvp6


リメイクに辺り、PS3版ではキャラクターに声がつき、新キャラクター「如月小夜子」が追加されました。

本作品の魅力は、「浮気」をテーマにした作品なだけあり、主人公を中心にして人間関係がどろどろしている所ですね。そのテーマのせいか好き嫌いが相当分かれているかと思います。
 またPC版が発売されたのが1998年なので、今プレイすると時代背景の違いに違和感を覚えるかもしれません(携帯電話がないなど)

キャラクターデザインは、PC版・PS3版共にカワタヒサシさん。私はこの人の絵のファンでもあります。
ただ、12年の年月のせいか大幅に技術が向上しており、本当に同じ人の作品なのかと疑問も覚えます。特徴などはしっかり残っているので、見る人が見ればすぐに分かるレベルではありますが。

無題
左がPC版・右がPS3版

 システムは至って普通のノベルゲームです。テキストを読みながら選択肢を選んで進めて行くタイプ(PC版とは若干変更されています)
 そして、PS3でリメイクして大幅に変わった事があります。それはアクアプラスが本作より導入したモーションポートレートシステム。キャラクターのセリフ等に合わせてアニメーションします。これが思いのほか良くできており、初見時は感動ものです。リアルな絵とかじゃないのに生きているような錯覚に陥ります。残念な事に一部は動きがぎこちない、というより気持ち悪い動きをしてしまうのが難点でしょうか・・・。

sys_mp


 そして、もう一つ注目は「声がついた」ということ。それも豪華声優。アニメ版に同じくして、森川由綺役に平野綾さん、緒方 理奈役に水樹奈々さん。他のキャラクターもかなり豪華(戸松遥さん、朴璐美さんなど)です。声優の為だけに本作を買ったという人も多数いると思われます。演技も申し分なく、本作の売りの「歌」「アイドル」という点にもマッチした人選でした。

ストーリーに関しては前述したように好き嫌い分かる本作ですが、各キャラクター個別のストーリーもしっかり作られているので、まずはプレイしてみる事をお勧めします。
 ただ
ToHeartのようなほんわかした恋愛ゲーム好きにはやっぱり苦手かも・・・