絶対やるべきゲーム~これだけはやっておけ!~

ゲーム好きならこれだけはやっておけ!という評価の高いゲームや実際にプレイしたゲームのレビューも含めてご紹介していきます。

超豪華声優、人気イラストレーターが手掛けるオンラインゲーム★登録無料★

タグ:名作ゲーム

61DYCAKYPSL

今回は1999年10月14日に発売されたPlaystationゲームデュープリズム」のご紹介です

本作当時躍進中のスクウェアスクウェアエニックスから発売された割りには意外に知られていない感が凄いゲームです

ファンも多くレビューでは名作ゲーとしてよく扱われているのですがそれにしても知名度が低い


その手のゲームは一部信者が持ち上げてるだけwww」捉えられている可能性も高いですね。でも、そんな事はないよ!


■2人の主人公、2つのストーリー

dew1dew2

本作の魅力の一つに主人公プレイヤーキャラ二人というのがあげられると思います

画像左の夢はでっかく世界征服っ!」といっているのがミント

画像右の真面目正義感溢れてそうなのが


どちらの主人公にもしっかりとストーリー作られておりミント編はコミカルなコメディ路線、ルウ編はシリアスで真面目なRPG路線と、本作1つで二度楽しめる仕様なっています。

その代わり、残念事に慣れてくるとすぐにクリアできてしまうボリュームです。気軽にプレイできるといえばいえるのですが


■PSの限界に挑戦!美麗な画面&アクション

dew4dew3

限界に挑戦!までは大げさすぎるかもしれませんが、当時のアクションゲームの中ではかなり綺麗なポリゴンで描かれています。PS3のゲームに慣れてしまうと残念グラフィックかもしれませんが、本作の雰囲気には十分に合っています。

アクション要素などは前年に発売されているブレイブフェンサー武蔵伝を進化させた印象です。

3Dマップを存分に生かしたアクションは本当に面白くよくできています。


とはいえ、粗めの3Dポリゴンなので、画面酔いしやすい人は注意が必要かもしれません。


■総評

アクションゲームとして難易度は頭を使う場面もあり、難易度ぐらい

世界観ストーリーキャラクターシステムグラフィック○、音楽○


良くも悪くも「パッケージを見て気になったら買い」の雰囲気ゲームというのがピッタリかもしれません。


ゲームとしては良くできてて私の中では名作です。




 

今回は1997年に発売されたFF(FINAL FANTASY)シリーズの中でも名作 FINAL FANTASY  TACTICSのご紹介です。

fft
スクウェア(現スクウェア・エニックス)のFFシリーズの中でも一風変わったFFとして有名です。

ジャンルはシュミレーションRPG。ファイアーエムブレムやディスガイアのような戦闘システムですね。


私は本作が大好きであり、このゲームからSRPGというジャンルが好きになりました。
もし
最初にファイアーエムブレムシリーズをやっていたら、難易度の高さに挫折してこの手のゲームをプレイする事はなかったかも・・・と大袈裟ではなく思ってしまいます。
それぐらい完成度が高く、かつ初心者~上級者まで幅広く対応したゲームです。


以下にお勧めと思えるポイントを書いていきます。

・初心者~上級者まで満足できるバランス


この手のゲームにしては、難易度は中ぐらいです。
戦略性、仲間キャラ・敵キャラのステータスのバランス、ジョブのバランスなど、適度な難易度で作られていると私は思います。普通に進めた場合、初心者ならつまづくマップもかなりあると思います。

じゃあなぜ、初心者でもお勧めなのか?というと、

ランダムエンカウントがあるので「クリアできなきゃレベル上げろ」というRPGの基本システムも用いているからです。
このシステムのおかけで、
レベルを上げれば力押しでクリア可能!その中で「コツ」を少しずつ掴み上達すれば、以前よりも低レベルでクリアできるでしょう。

一部ゲームバランスを崩す程強いキャラクターいますので、クリアできなければそれを使うも良し


逆に上級者にもお勧めできる点としては「縛りプレイ」が可能やりやすいから
「○○は使用しない」「レベルは最低限の経験値」などの目標が自分で立てやすい所。
これらを目標にプレイしている人も多々います。

・ストーリー・世界観・音楽がマッチしている


この点に関しては、公式サイトPSPの雰囲気がわかりやすい。まずこの雰囲気が駄目なら面白くはないかもしれません。

でも少しでも面白そう感じたならば本作魅力に引き込まれるでしょう特に音楽はサントラいたくなるレベル素晴らしさBG関して言えば今までやったゲーム中でも~3います。


fft1fft2

・キャラクターの魅力


本作ではキャラクターの見せ場という見せ場主人公一部以外それほどありません。

イベントや会話量も全体的に少なくキャラの掘り下げ本当に少ないですPSPでは多少増えている

ですが1つ1つのイベントが印象的で一度しか登場しないキャラクターでも印象深く残ります

そのせいか今でも根強いファンがたくさんいます。


fft3fft4
(※画像はPSP版の追加イベント画像)


逆に悪い点もそれなりにあるんですが、自分で調整可能なのであまり私は気になりませんでした。

(一部のキャラが強すぎる、バグ技など)


ダウンロード版、PSP版、iphone版もあるので、ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか!



 

今回は、先日記事を書いたWHITE ALBUM2の前作「WHITE ALBUM -綴られる冬の想い出- 」をご紹介します。このゲームは元々Leafから1998年にPCゲームとして発売されたもの。発売から12年経過した2010年、ついにPS3でリメイクされた作品です。2009年には販促も兼ねてかアニメ化もされています。

8tnu0100000lgvp6


リメイクに辺り、PS3版ではキャラクターに声がつき、新キャラクター「如月小夜子」が追加されました。

本作品の魅力は、「浮気」をテーマにした作品なだけあり、主人公を中心にして人間関係がどろどろしている所ですね。そのテーマのせいか好き嫌いが相当分かれているかと思います。
 またPC版が発売されたのが1998年なので、今プレイすると時代背景の違いに違和感を覚えるかもしれません(携帯電話がないなど)

キャラクターデザインは、PC版・PS3版共にカワタヒサシさん。私はこの人の絵のファンでもあります。
ただ、12年の年月のせいか大幅に技術が向上しており、本当に同じ人の作品なのかと疑問も覚えます。特徴などはしっかり残っているので、見る人が見ればすぐに分かるレベルではありますが。

無題
左がPC版・右がPS3版

 システムは至って普通のノベルゲームです。テキストを読みながら選択肢を選んで進めて行くタイプ(PC版とは若干変更されています)
 そして、PS3でリメイクして大幅に変わった事があります。それはアクアプラスが本作より導入したモーションポートレートシステム。キャラクターのセリフ等に合わせてアニメーションします。これが思いのほか良くできており、初見時は感動ものです。リアルな絵とかじゃないのに生きているような錯覚に陥ります。残念な事に一部は動きがぎこちない、というより気持ち悪い動きをしてしまうのが難点でしょうか・・・。

sys_mp


 そして、もう一つ注目は「声がついた」ということ。それも豪華声優。アニメ版に同じくして、森川由綺役に平野綾さん、緒方 理奈役に水樹奈々さん。他のキャラクターもかなり豪華(戸松遥さん、朴璐美さんなど)です。声優の為だけに本作を買ったという人も多数いると思われます。演技も申し分なく、本作の売りの「歌」「アイドル」という点にもマッチした人選でした。

ストーリーに関しては前述したように好き嫌い分かる本作ですが、各キャラクター個別のストーリーもしっかり作られているので、まずはプレイしてみる事をお勧めします。
 ただ
ToHeartのようなほんわかした恋愛ゲーム好きにはやっぱり苦手かも・・・
 
 

糸井重里のバス釣りNo.1

先日部屋を掃除していたらスーパーファミコン(以下SFC)ソフトが大量にでてきました。その中でも私にとって思い出深かったゲームがこの「糸井重里のバス釣りNo.1」です!


パッケージ的に子供向けゲーっぽいんですが・・・

というかカールおじさんがいるんですが・・・


と思われた人もいるかもしれませんが、むしろ子供がやってもつまらないと思えるゲーム画面、ゲーム内容です。グラフィックは今のゲーム機に慣れている人には耐え難いものがあるかもしれませんが、こだわる方向が間違っている釣りゲームに比べたら100倍面白いと私は言えると思います。


さて、ゲーム部分の説明にいきたいと思います。


フィールドは赤星湖と呼ばれる本作オリジナルの湖。

春・夏・秋・冬に応じて景色が変わります。それに応じて、釣れる時間やポイントを探り、釣れるルアーを選択して釣れるアクションを起こしていき、釣り針にかかったらテクニックで釣り上げる、とにかく本格的なゲーム仕様になっています。


もちろん、ただ赤星湖でひたすら釣りをするわけではなく、目標もございます。


赤星湖を管理しているバス釣り協会BAC(バスアングラークラブ)に入会して、そのトーナメントで入賞しトロフィーを手に入れていくのが、ゲームの主な目標です。

これがなかなか絶妙なバランスになっていまして、全てのトーナメントを制覇するには時間がかかります。

bs2


そしてこのゲームの一番のポイントは「釣りは大変」という事を教えてくれる点。


①ルアー・ワームを買うためのお金が貯まらない


小学生とか中学生の時に釣りにはまると、お小遣いじゃ中々欲しいものは買えないですよね。

このゲームも道具を買うのはそれなりに大変です。根がかりで消耗するし。


②場所移動するには時間がかかる


結構な時間が移動時間で終わります。この点はとってもリアル。


③釣れない


考えて場所・時間・天候・ルアーを選択しないと釣れません(´;ω;`)

攻略本等見てしまえば、さすがに釣れるポイントなどは決まっているのは分かりますが、

普通にやってるとほぼ釣れません。よくて一日3匹程度。これが現実です


これだけ見てると「つまらなそう」という感情を抱いてしまうかもしれませんが、

なぜか夢中になってプレイしてしまうのがこのゲームの魅力なんです。


さすがに釣りが好きな人以外はつまらないと思ってしまうかもしれないけど・・・



あっ、任天堂64決定版があるけどこれはやめておいたほうがいいよ

今回はゲームボーイアドバンス(以下GBA)で発売されたRPG「マジカルバケーション」のご紹介です。


GBAのゲームソフトの中でも私が自信を持ってお勧めします!

Magical Vacation(マジカルバケーション)


本作はブラウニーブラウン(現1-UPスタジオ)が初めて出したゲームで、GBAのソフトとしてはグラフィックがとにかく綺麗で、美しい

スタッフは聖剣伝説シリーズ開発に携わっていた事が有名ですね。


ゲームとしては、王道的な戦闘システムや進め方ではありますが、

任天堂で発売されているゲームの中では、ストーリーがとにかく暗いので万人受けはしないかと思います。

ですが、暗いストーリーの中でもシュールなギャグを盛り込んでおり、基本的には「面白い」なという印象です。


私はこのゲームが大好きでファンサイトも運営しております。※ブラウニーの館

特に私が好きなのは世界観・キャラクター・ストーリーの3点

この3つは今プレイしても十分に惹きつけられる魅力があるんではないでしょうか。


またレベルも99以上まであがり、

隠しダンジョンは超難関でやり込み要素十分。


この隠しダンジョン攻略サイト攻略本を読まないと完全クリアほぼ無理

その上、レベルもしっかりあげていないと絶対クリアできないレベル。


残念な点としては、ゲームクリアとは直接は関係ない(コンプリートを目指すなら必須)

「あみーごシステム」等の、一人では何もできないシステムや、

一度取りのがすと後から修正できないイベント・アイテムなど、

攻略本を見ながら進めないと行けない点が若干マイナス評価です。


ただゲームクリア(ストーリー上のラスボスを倒すまで)することを念頭に置いた場合は、

基本的には一本道なストーリーで適度な難易度で少し物足りないけど満足

と思える王道的なRPGです。


古いゲームでお勧めない?と聞かれたら私は本作を推します(`・ω・´)



/a

このページのトップヘ

当ブログについて

このブログは左骨が運営するゲーム感想・紹介を主としたブログです。 リンクフリー、相互リンクも募集していますのでお気軽にお問い合わせください。

お気に入りに追加する


p